新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • BLOG
    個人事業主などの自営業者さん。事業用融資の滞納は危険です。

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の山本です。

     

    新型コロナウィルスの影響によりボーナスや残業などがなくなり、これまでのような収入が得られずに給与が減少してしまう方が増えています。

    会社員の方よりも深刻なのは個人事業主さんなどの自営業者の方々です。

    コロナウィルスの影響を一番受けていると言っても過言ではありません。

     

    個人事業主などの自営業者さんは一般の方とは違い住宅ローン以外の債務を抱えている方が多いです。

    会社員の方とは異なるのが住宅ローンの支払いは滞っていなくても事業用融資の支払いが滞納していることで自宅が差押えとなってしまうことです。

     

    住宅ローンを借り入れている銀行とは違い、個人事業主の方が借り入れをしている事業用融資の銀行は信用金庫さんや信用組合さんが多いため一般的な任意売却よりも解決が困難だと言われています。

     

    住宅ローンの借り入れのみであれば任意売却に応じてくれる銀行はたくさんあります。

    しかし、事業用融資などの割合が多い信用金庫さんなどは任意売却を行うことがほとんどありません。

    任意売却という選択をするのであれば競売にしてしまおうと考えていると思ってください。

    そのため、事業用融資の滞納による任意売却は非常に厳しいといえます。

     

    ただし、

    住宅ローンを取り扱うことの多い大手の金融機関であれば事業用融資であっても任意売却を認めてくれる可能性は非常に高いので、金融機関によって大きく左右されることとなります。

     

    他にも住宅ローンだったとしても任意売却が厳しいケースもあります。

    それは特定の金融機関による借り入れの場合となります。

    多くの銀行は任意売却の申し出に関しては快く受けてくれます。銀行の出す条件で売却することができれば競売を避けて希望通りの解決をすることができます。

    それでも中には初めから任意売却を認めていない金融機関や競売になってしまったら任意売却に対して応じないという条件が付く金融機関もあります。

     

    みなさんの金融機関がどの金融機関にあてはまるのか気になった方は一度お問い合わせください。みなさんの状況にあった解決方法を当協会のスタッフがご提案いたします。

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性