共有持分のみの
売却もできます。

共有持分SHARE

共有持分を説明する営業マン

共有持分のみの持分売買は
当協会でサポートいたします。

共有持分のみの持分売買は当協会でサポートいたします。

共有名義の不動産を所有する理由の多くは相続によるものがほとんどです。
場合によっては親や兄弟から親戚の大勢までもが共有者になってしまい、身内同士の争いで売却を断念することもあります。何もできないからと放っておいても解決はしませんし、その問題を自分の次の代の子供へと受け継がせてしまうことにもなります。
次の世代へ引き継がせることなく、親族間でのトラブルを解決するお手伝いをさせていただきます。

  • 共有持分のみを売却するにはどうしたらいいですか?
    A.まずは対象の不動産の査定をします。その後金額に納得していただければ契約となります。
    金額だけ知りたいなどお気軽にお問い合わせください。
  • 家族にバレずに売却できますか?
    A.売却後に家族が知る可能性は大いにあります。
    ただし、売却時の同意は不要です。あらかじめ伝えないといけないということもありません。
  • ローンが残っている状態でも売却できますか?
    A.売却可能です。しかし、ローン(抵当権)が売却時にきちんと完済できるかなどの問題を解決する必要があります。
  • 売却時の金額が低いのは本当ですか?
    A.持分のみの売却の場合は、一般的に売却する場合とは違い市場相場よりも低くなってしまうことがほとんです。しかし、当協会では根拠も含めて適正な価格での売却をサポート致します。他社に依頼しているなどでも結構です、お気軽にご相談ください。
  • 他の共有者の持分を買い取ることはできますか?
    A.他の持分を買い取ることは可能です。しかし、その場合の相手側は身内になる事が多いためスムーズに話し合いができないことがほとんどです。当協会では仲介人として双方が納得できる解決をするためのサポートを致します。

まとめSUMMARY

テーブルの上の電卓と家と虫眼鏡

当協会では「元パートナーへ共有持分を売却したい」、「家族とは話し合えないので自分の持分だけを売却したい」、「できるだけ高い金額で売却したい」など、たくさんのご相談を解決してきた実績があります。
当協会ではあなたの希望に沿ったご提案をさせていただきます。

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性

TOP