新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • BLOG
    オーバーローンの状態でもリースバックはできますか?

    オーバーローンの状態でもリースバックはできますか?

     

    『オーバーローンの状態でもリースバックはできますか?』とご質問をいただきました。

    まずオーバーローンの状態とは、物件を売却しても住宅ローンを完済できない状態のことを指します。

    例えば、住宅ローンの残債が1500万円。しかし近隣相場から算出した売却予想価格が1000万円の物件。

    上記のような状態はオーバーローンの状態となります。

     

     

    基本的に物件を売却するためには、住宅ローンを全額完済しなければなりません。

    何故なら物件には抵当権という権利が設定されていますので、住宅ローンが完済できない価格で売却しても『抵当権』は抹消されずに残ったままになります。

     

    所有者が変わり前所有者の抵当権は残ったままであれば、もし前所有者がローンの返済を滞納してしまうと、例え所有権が移転されていてもその物件は競売にかけられてしまいます。

     

    このように物件を売却しても住宅ローンを完済できず、抵当権が残ったままであれば購入する方はいません。

     

    しかし任意売却を利用することによって売却価格が住宅ローンの残債を下回っていても、抵当権は抹消され、安全に売却、購入することができます。

     

     

    たとえオーバーローンの状態でも、任意売却を利用すればリースバックをすることが可能になります。

     

     

    気を付けなければならないのは、『リースバックは必ず成功する訳ではない』という点です。

    近隣相場よりも住宅ローンの残債が少なく、ご自身で販売価格などリースバック条件を決められる場合は『リースバックは必ず成功する』と言い切れますが、任意売却を利用するとなれば全ては債権者次第となります。

     

     

    オーバーローンの状態でも任意売却を利用すれば売却することは可能ですが、それ以外で売却する方法は、自己資金で足りない部分について捻出するしか方法はありません。

    自己資金で捻出すると言っても200万円や300万円、それよりも高い資金を簡単に出せる方は多くありません。

     

    リースバックを検討している方は一人ひとり理由が異なります。

    住宅ローンの滞納前や、滞納していても期限の利益の喪失前の方はまずは一度本当にリースバックが正しい選択なのか、そしてリースバックをするならどのくらいの条件で可能なのかを考えてみてください。

    当協会では任意売却を利用した場合の予測条件も提示できますのでまずは一度近畿任意売却支援協会にご相談ください。

     

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性