新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • BLOG
    リースバックは簡単ではありません。きちんと知ろうリースバック。

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の谷口です。

     

    リースバックを利用して自宅に住み続けることができる。

    住宅ローンを滞納して競売になってしまったとしてもリースバックを利用すればそのまま住み続けることができる。

    このような甘い言葉にみなさん騙されていませんか?

     

    当協会でもリースバックのご説明、ご提案はさせていただいています。

    ただし、できないリースバックを提案することはありません。

     

    できないリースバックの例をお話します。

     

    • 債権者から金額が提示されているにも関わらず叶わない家賃を提案し続ける。

    債権者(金融機関)は任意売却を行う際に具体的な金額を提示してくれます。それはこの金額であれば競売ではく任意売却として応じるというお話です。債権者が提示する金額を応諾価格といいます。この応諾価格が高ければその金額に応じて家賃も高くなるのがリースバックです。高い金額で家賃が安くなることはまずありえません、それはリースバックにて協力する第三者にとって不利益でしかないからです。

     

    • 債権者が任意売却やリースバックに応じないケース。

    債権者(金融機関)によっては任意売却を許可しないこともあります。任意売却やリースバックを許可しない債権者も中にはおられます。実際に債権者からそのような回答があった場合、解決することは困難でどの会社が話をしても覆ることはありません。

     

    これをお読みになっているみなさんはごくごく当たり前なことだと思っているかもしれませんが、このような状況でも無意味に相談や依頼を受けたまま何もしない任意売却会社はたくさん存在します。

    たくさん時間をかけたとしても答えは変わりません。

    それであれば初めから現時点で何ができ、どのようなことをすれば最善なのかを当協会はアドバイスさせていただきます。

     

    リースバックをお願いしていたのに競売になってしまったというケースもよく聞きますが当協会では厳しいかもしれないですが、できない、利用しない方がいい状況ではリースバックをオススメしません。

    あくまでもご相談いただいたかたの将来を考えた提案となりますのでご了承ください。

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性