新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • NEWS
    住宅ローンの滞納だけではない。競売の申立ての原因

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の椿です。

     

     

    ワクチンを接種して1週間…噂のモデルナアームになってしまいました。

    接種当日も腕の痛みと発熱という副反応が出たのですが、一週間後にやってくると噂で聞いていた腕の痛みがしっかりと出てきました。

    同時にわきの下のリンパも腫れ、熱はないものの体がなんとなく重い気がします。(単純に今太っているからかもしれません。)

    1回目でこれだけ副反応が出てしまったので、2回目の接種に怯える毎日です…。

     

     

    さて、ご自宅が競売にかけられてしまう原因としてまず思い浮かぶのは「住宅ローンの滞納」だと思いますが、競売になってしまう原因はそれだけではありません。

    マンションなどの管理費、修繕積立金の滞納、税金の滞納などを続けてしまうと、管理組合や役所からご自宅が差し押さえられてしまい、競売や公売といった方法で不動産が処分されてしまいます。

     

     

    管理費や修繕積立金を滞納してご自宅が差し押さえられてしまった場合、任意売却で管理費と修繕積立金の精算をする事ができます。

    買主が支払う売却金額から精算することができるため、改めて費用を捻出する必要はありません。

     

     

    また、税金の滞納で差し押さえられてしまった場合、任意売却で買主が支払う売却金額から納付することが認められるうえに、今後の納付計画についても役所と話し合うことができます。

    任意売却を行う為には役所と話し合い、差し押さえを解除してもらう必要があります。滞納額が高額な場合や、役所に対して不誠実な対応を続けてしまった場合、話し合いに応じてもらえない場合もあります。

    税金の支払いが難しくなった場合、できるだけ早く、分納などの相談に行くなど、役所に対して誠意をもって対応するようにしましょう。

     

     

    近畿任意売却支援協会では、これまで税金滞納による差し押さえに関するご相談にも、多数の解決実績がございます。

    滞納や差し押さえを放っておくと大変なことになってしまいます。諦めてしまわず、まずは当協会にご相談ください。

    一緒に解決していきましょう!

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性