新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • BLOG
    住宅ローンを滞納してしまったときにしてはいけない2つのこと。

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の佐野です。

     

    いつも当協会の任意売却ブログをお読みいただきありがとうございます。

     

    本日は住宅ローンの返済を滞納してしまう、住宅ローンの支払いが厳しい時にしてはいけない事を2点ご紹介いたします。

     

    新たな借り入れ

    住宅ローンの返済をするために消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどを利用することです。

    一時的にはその場を乗り切ることは可能ですが、新たな借金により状況は良くなるという事はなく悪化するしかありません。

    住宅ローンの借入金額は大きいですが、長期そして低金利です。

    消費者金融などは借入額が少ないですが、短期若しくは一定額の返済、そして高金利です。

    ご自宅を手放さないために新たな借入をしてしまい、その借入のせいでご自宅を失ってしまったという方も少なくありません。

    どうしても必要であれば、緊急小口資金や総合支援資金などの公的な借り入れを利用しましょう。

     

    そのまま放置する

    住宅ローンが返済不可能となり、そのままにしてしまうと競売で処分される他ありません。

    なるようになると考える方も多くいらっしゃいますが、競売と任意売却では雲泥の差が生まれます。

    まずはそのまま放置せず、ローンの支払いが厳しいと感じた時点で金融機関に相談に行き返済猶予、リスケジュールなどの相談や、当協会のような任意売却の専門業社に相談することが大切です。

    どちらにしても債務が残るだろうと考えていた方でも任意売却で債務を完済できた方もいらっしゃいます。

    競売でもいいかと放置していると、遅延損害金などで借金が増え、さらに競売で安く売却されてしまい予想しているよりも多額の借金が残る可能性があります。

     

    このように、新たな借り入れ、放置は本当にしてはいけません。

    この任意売却ブログを読んでいただいている方は放置はしていないという事だと思いますが、どこに依頼すれば良いかわからない、勇気が出ない、家族にも内緒にしているなど様々な理由で後回しにしてしまう方もいらっしゃると思います。

     

    少し勇気をだして、近畿任意売却支援協会にご相談いただければ、あなたのお悩みの解決方法をご提案致します。

    相談料もかかりませんし、秘密厳守、そして無理に任意売却を勧めることもありません。

    まずはあなたの希望をお伺いし、自宅を手放さなくても良い方法を探し最善の解決案を提案いたします。

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性