新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • BLOG
    住宅ローンや事業用ローンの返済に困っている方、まずはお読みください。

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の山本です。

     

    住宅ローン、事業用ローン、消費者金融、クレジットやキャッシングなどお金を借りることが昔に比べて簡単になったからこそ起きてしまう問題があります。

     

    住宅ローンを支払う為に違う所からお金を借りて返済をしてしまう、会社の運転資金としてさらに金利の高い所からお金を借りて返済してしまう。

     

    このようなことが現実に起きています。

     

    自宅を失うわけにはいかない、会社を潰すわけにはいかない、そういった理由からローンを返すためのお金をさらに借りてしまうことは恥ずかしいことではありませんし間違ったことでもありません。

     

    大事なのはその先になります。

     

    例えば、住宅ローンや事業用ローンを返済するために一時的にお金を借りて立て直すことができるのであれば問題はありません。

    しかし、建て直すことのできない、見通しがつかない状態では借りるべきではありません。

     

    自宅や会社を競売で失わない方法の一つとして【任意売却】というものがあります。

    任意売却ではリースバックを利用することもできますのでその際にはご相談ください。

     

    話は戻りますが借りるべきではない理由の一つが差押えです。

    住宅ローンや事業用ローンの返済を滞納してしまい、自宅が競売になったり、滞納を理由に売却をしようとしたり、きっかけはたくさんあると思います。

    住宅ローンや事業用ローンを滞納しているということは、その他の借入も支払いができていないということになります。

    そんな時に起こるのが住宅ローンや事業用ローン以外の金融機関からの差押えです。

     

    一度、不動産に差押えがされてしまうと差押えを解除してもらうために金融機関の条件をクリアしなければいけません。

    その内容が全額返済や一部返済および分割返済など。様々です。

     

    これと同様に住民税や固定資産税などの税金に関しても滞納をしていると差押えされる可能性があります。

    こちらも役所さんの納付金額を納付できなければ差押えを外してくれません。

     

    ただ、借りてしまったものは仕方がありません。

    きちんと話をすれば必ず解決することはできます。

     

    近畿任意売却支援協会では、初回のご相談時にすべての債務関係や解決に必要なことはお聞きしています。

     

    住宅ローンや事業用ローンの支払いに困り他社で借りる前にまずは近畿任意売却支援協会へご相談ください。

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性