新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • BLOG
    大阪・守口市のリースバックを解決しました!

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の佐野です。

     

    本日はリースバックの解決事例をご紹介いたします。

     

    リースバックは任意売却と併せて良く利用されています。

    今回ご紹介する解決事例も任意売却を利用してのリースバックになります。

     

    大阪府守口市のマンションで2019年の9月から任意売却を開始している物件でしたが、債権者が決めた販売価格は相場よりもかなり高く、3度ほど価格の見直しはあったもののなかなか投資家が決まりませんでした。

    任意売却期間が終わると新型コロナウイルス感染症、緊急事態宣言の影響で裁判所から現況調査などもできず、なかなか競売も進まない状況が続いていました。

     

    先日ようやく裁判所で評価書が閲覧できるようになり、ご相談者様の代理で評価書を取得してくると任意売却で販売していた価格を大幅に下回る評価額となっていたため、以前からご紹介していた投資家に連絡を取り、購入して頂く運びとなりました。

     

    任意売却期間中にリースバックのオーナーとなる投資家が決まれば早くに安心できますが、評価書が閲覧できるようになったタイミングで投資家が決まるケースもございます。

    当協会も現状がどのような状況かは随時ご相談者様に説明しできるだけ不安なお気持ちを軽減できるように努めております。

     

    裁判所から評価書が出てもそこに記載されている評価額は考慮しない債権者もいれば、評価書の価格で取引ができる債権者もいます。対応は債権者によって様々です。

     

    今回の任意売却を利用したリースバックのケースでは住宅ローンの支払いをストップし、任意売却期間など含めお取引まで1年以上の時間がかかってしまいました。

    その期間は住宅ローンや管理費・修繕積立金、本来支払わなければならなかった費用を貯蓄に回しており、新生活にむけ余裕ができたとおっしゃっておられました。

     

    ご相談者様は残ってしまう残債についても、当協会の弁護士と相談し対応していくとの事です。

    近畿任意売却支援協会では任意売却後の債権者の対応や、残った債務についてもサポートしております。

    任意売却・リースバックや不動産トラブルに関するご相談は近畿任意売却支援協会にお任せください。

     

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性

TOP