新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • NEWS
    裁判所から競売開始決定!三点セットとは?

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の佐野です。

     

    みなさんこんにちは。

    ご自宅が競売にかけられてしまった際裁判所からいわゆる『3点セット』と呼ばれる書類がインターネット上に掲載されるのはご存じでしょうか。

     

    3点セットとは

    ・物件明細書

    ・現況調査報告書

    ・評価書

    の3つの書類になります。

    物件明細書には、競売にかけられてしまったお家の地番や地積、建物の種類や構造、床面積などが記載しています。

     

    現況調査報告書には、お家の情報、室内外の写真、所有者・近隣の方の陳述内容、執行官の意見が載っており、法務局に備え付けられている公図、測量図、建物図面、間取り図などが添付されています。

    一番気になる所は『室内写真』もインターネット上に掲載されてしまいます。

     

    評価書にはお家の評価額や概要が記載されており、土地価格や建物価格のほか、市場流通価格、競売市場を考慮しての価格など様々な価格が記載されています。

     

    全て事細かく掲載され、中でも一番気になる『室内写真』もインターネット上に掲載されてしまいます。

    また最近は少なくなってきていますが、競売情報を基に最低落札価格を記載し所有者に何の断りもなくチラシを配布する悪質な業者もいます。

     

    不特定多数の方に『競売物件』として閲覧されることは所有者にとって精神的ダメージもあると思います。

     

    任意売却では通常売却と変わらず販売することができます。

    任意売却では基本的に、近畿レインズと呼ばれる不動産業者のみ見ることのできる不動産流通サイトには掲載しなければいけません。

    しかしSUUMOやat-homeのようなポータルサイトに室内の写真などを掲載する・しないは所有者様の意思で決めることができます。

    このように通常売却と変わらないため『任意売却ではプライバシーが守られる』と言われています。

     

    競売を避け任意売却で解決する、またお家を手放さなくても良い選択もあるかもしれません。

    滞納前のご相談でも、またご相談だけでも費用はかかりません。

    任意売却・リースバックなどの仕組みをわかりやすくご説明いたします。

    安心して近畿任意売却支援協会にご相談ください。

     

         ご相談後の流れはこちら

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性

TOP