新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • BLOG
    大阪府箕面市の任意売却の解決事例!

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の佐野です。

     

    本日は大阪府箕面市であった任意売却の解決事例をご紹介いたします。

     

    大阪府箕面市にお住いのMさんは、債権者から任意売却をして欲しいと依頼を受けたご相談者様でした。

    実際にお会いしお話を聞くと住宅ローンの滞納の他に固定資産税の滞納、住民税の滞納が100万円を超えており、すでに自宅は差し押さえされている状態でした。

    ここまでは任意売却では比較的多いご相談です。

     

    今回に関しては、1つだけ問題がありそれはMさんの自宅はお隣のお家と1階にあるウッドデッキを共有しておりお互いのお家を行き来できる状態になっていたことです。。

     

    債権者にウッドデッキの撤去費用を売買価格から控除してもらうようにお願いしてみましたが、『撤去費用は出すことはできない、購入する方に負担してもらうように』と言われてしまい、問い合わせや内覧は多くあったのに、それが理由でなかなか買い手がつかない状態が4ヶ月も続きました。

     

    そこでMさんと隣のお家の所有者さんと私で相談の場を設けたところ、Mさんはお金がない為撤去費用を出すことはできないとのこと。

    そのため当協会が成約時に頂く仲介手数料から撤去費用を半分出し、あとの半分をお隣にお住いの方に出していただく事になりました。

    ウッドデッキの撤去は契約後速やかに行い、引渡時までに工事完了をさせる事。を条件に販売をすると、以前内覧していた方が、その条件なら購入したいと申し出てくれました。

    契約後にウッドデッキの撤去やブロックフェンスの設置など、お取引まで合計8カ月ほどかかってしまいましたが無事にお取引をすることができました。

     

    債権者によってはウッドデッキの撤去費用などを配分して貰えることもありますが、今回のように動産物撤去の費用は出せないと言う債権者も存在します。

    今回のご相談のように買い手がつかない理由が明らかな場合、当協会はできる限りのご協力を致します。

     

    また少し話は違いますが、任意売却業者によっては引越し費用を70万円お渡しします。100万円お渡しします。と、このように任意売却を始める前から甘い言葉で誘引する業者もいます。引越費用も債権者やご相談によって様々なため、債権者や内容によって出せないと断られてしまう場合もあります。

    甘い言葉だけで誘ってくる任意売却業者にはご注意ください。

    当協会ではご相談者様の希望に沿った解決を心がけています。

    相談料などは一切かかりません。安心して近畿任意売却支援協会にご相談ください。

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性

TOP