新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • BLOG
    コロナウィルスの影響で支払いが困難な方へ。

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の佐野です。

     

    収益物件を専門に扱う不動産業者とお話しをしていたのですが、今回の新型コロナウイルス感染症では不動産価値はあまり変わらないと言っていました。

     

    コロナの影響で不動産価値が下がる、または価値は変わらない、どちらの意見も耳にします。

    ここからは大変失礼なお話しかもしれませんが、

    先日お話ししていた不動産業者は、新型コロナウイルス感染症の影響で経済的に苦しくなった方たちは多いが、逆に儲かった業界もあるのも確かなので、そのため儲けた企業が不動産を買い支えているため価値は落ちない。

    またリーマンショックのような金融危機ではなくコロナショックは経済危機のため銀行には影響をもたらさないため不動産価値は落ちないと予想していました。

     

    長期的な目線で見れば新型コロナウイルス感染症がきっかけで不動産の価値は下がっていくかもしれませんが、現在私は価格が下がってきていると感じてはいません。

    大手不動産仲介業者も緊急事態宣言が解除され、過去最高の契約本数だと言っておられたそうです。

     

    しかしその反面経済危機に陥り住宅ローンを滞納してしまう方もたくさん存在します。

    経済政策で持続化給付金や定額給付金はあるもののそれだけでは足りない、一時的に凌いだとしても数か月後には破綻してしまうというご相談もたくさんいただいております。

     

    住宅ローンも返済猶予などのリスケジュールを積極的に行ってはいるものの根本的な解決はできません。リスケ期間中にコロナ以前の状況に戻れる方もいれば、戻れない方もいるはずです。

    債権回収会社の方とお話ししていた時も緊急事態宣言解除直後よりも、半年~1年後から任意売却の数は増えると予想していました。

    リーマンショックの時もそのような動きだったとの事です。

     

    早期に経済的に元通りになり自宅を手放す必要がなくなるのが一番ですが、どうしても手放さなくてはいけない状況になってしまった時、最善の方法でいかにダメージを抑え新生活にゆとりをもたらせることができるのかが大切です。

     

    一刻も早く元通りの生活に戻れることを願うばかりです。

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性