新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • BLOG
    親族間売買、住宅ローンの難易度

    親族間売買、住宅ローンの難易度

     

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の佐野です。

    みなさまいつも当協会の任意売却ブログをお読みいただきありがとうございます。

     

     

    当協会では住宅ローンを利用する親族間売買のお悩みを数多く解決しています。

    親族間売買では住宅ローンの難易度が高いと言われていますが、通常であればそこまで難易度が高いことではありません。

     

    ただ金融機関に提出する書類は多くなってしまいますが、私個人の感覚では通常の住宅ローンとあまり遜色のないことだと感じています。

     

     

    しかし、親族間売買にはハードルが高くなって行く過程があります。

    現金で購入する場合は一般相場、評価額など間違えていなければ、相続税などはかかることはありませんのでとても簡単に親族間売買を行うことができます。

     

     

    現在住宅ローン返済中の物件を親族間売買する場合は、審査を申し込む金融機関によっては現在の住宅ローン残年数までの返済期間のみ融資可能という金融機関もあります。

     

    こちらは審査を申し込む金融機関を変更すれば最長35年まで住宅ローンを利用することができます。

    こちらも簡単に住宅ローンを利用した親族間売買を行うことができます。

     

     

    現在住宅ローンを返済中で「毎月の住宅ローン支払いを滞納している」物件を親族間売買する場合は難易度が高くなります。

     

    申込みができる金融機関も限られてしまいます。しかし滞納しているだけであれば、住宅ローンを利用した親族間売買は充分可能です。

     

     

    最後に競売を申し立てられている物件を親族間売買する場合は、とても難易度が高くなってしまいます。

     

    私自身、競売申立て後の不動産では数件しか住宅ローンを通せていません。

    競売申立て済みの物件でも住宅ローンは通すことは可能ですが、難易度や条件は悪くなってしまいます。

     

     

    住宅ローンを払えなくなってしまったから、親族間売買をするという方はとてもたくさんいらっしゃいますが、住宅ローン滞納前、滞納後、競売申立て後、など遅くなるに連れて難易度はどんどん高くなってしまいます。

     

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性