新着情報&ブログ

新着情報&ブログNEWS & BLOG

  • NEWS
    任意売却時のメリットについて!

    一般社団法人近畿任意売却支援協会の佐野です。

     

    みなさんこんにちは。

    今回は任意売却のメリットについてご説明いたします。

     

     

    ・任意売却では市場価格に近い価格で売却できます。

    任意売却では競売に比べて高く売却する事が可能です。

    競売では不動産業者がリフォーム費用や利益なども考慮し入札するため市場相場よりも安く入札することがほとんどです。

    任意売却では通常売却と同じように売却活動をするため、市場相場に近い価格で取引することができ、残りの住宅ローン残が少なくなります。

     

    ・そのまま住み続ける事も可能です。

    リースバックという制度を利用すれば任意売却をしてもそのまま住み続ける事が可能です。

    『環境を変えたくない』『子供を転校させたくない』『賃貸に移っても家賃が高い』など様々な事情があり、そのまま住み続けたいとの希望が任意売却のご相談で最も多いご要望のため、気にせず私共にご要望をお伝えください。

    リースバックとは投資家・協力者に売却し賃貸物件としてそのまま住み続けられる事ができる制度になります。

    投資家・協力者でなくとも、お子様やご親族などに協力してもらい住み続ける事も可能です。

     

    ・引越費用を捻出し貰うことが可能です。

    任意売却では引越費用や、売却にかかる諸費用を売却価格の中から配分してもらうことが可能です。

    債権者と交渉にはなりますが、ほとんどの方が引越費用を配分して貰うことが可能です。

    また任意売却期間中は住宅ローンや管理費などの支払いは不要なのでその分も新生活のために残しておくことが可能です。

     

    ・引越しをするタイミングを相談できます。

    競売で落札されると落札者から〇日までに退去してほしいと言ってきます。

    落札者によって対応は様々ですが、過去に実際にあった事例では明後日までに退去して欲しいと言われた方もいらっしゃいます。

    全ての落札者がそのような対応ではありませんが、そのようなケースも存在します。

     

    任意売却では通常売買と変わらないため、売主や買主、債権者などすべての関係者の都合を合わせ退去やお取引の日程を決めます。

    お取引時に退去していることが望ましいですが、どうしても間に合わない時は、引渡猶予を設定し退去のタイミングを延ばすことも可能です。

     

    ・通常の売却と同じなのでプライバシーも保護できます。

    任意売却では通常売却と同じ売却活動を致します。

    そのため任意売却などの事情は周囲に知られることはありません。

    競売では室内の写真など事細かく競売情報としてネットに掲載されてしまいます。

    また裁判所の執行官や、競売の入札に参加しようとしている不動産業者もご自宅を調査するため、近隣の住民に知れ渡る可能性が高くなります。

     

    ・残った住宅ローンは無理のない範囲での返済が可能です。

    任意売却後ほとんどの方は住宅ローンが残ってしまいます。

    残った住宅ローンについては無くなるわけではありません。

    しかし債権者との話し合いによって生活に支障のない範囲で返済していくことが可能です。

    債権者に『生活状況報告書』を提出し、毎月の収入・支出を報告し返済額を決めます。

    また債権者によって、〇〇万円払って貰えれば、残りは免除します。のような債務の圧縮をする事が可能な場合もあります。

     

    ・税金や管理費等の滞納も解消できます。

    任意売却では管理費・修繕積立金の滞納があればそれも売却金額から配分して貰うことが可能です。

    また税金や消費者金融、カード会社などの差押も差押解除費用として売却金額から配分して貰うことが可能です。

     

    ・不安な気持ちを解消できます。

    任意売却では支払いなどに迫られこれからどうなるんだろう、どうすればいいんだろうなど、何もわからないため不安な気持ちのままお過ごしの方がほとんどです。

    近畿任意売却支援協会ではそういった心のケアも大切にしています。

    あなたの不安な気持ちや疑問、要望などすべて私どもにお話しください。

    あなたに合った最善の解決策に向け一緒に歩んでいきましょう。

    任意売却・リースバックは近畿任意売却支援協会にご相談ください。

     

お問い合わせCONTACT

  • メールフォームから
    お問い合わせ

  • LINEから気軽に
    お問い合わせ

案内の女性

TOP